iPhoneやMacなどApple製品の情報・オススメできる商品レビュー・地元徳島ネタなど様々なことをお届け

NUMBER244

Mac

MacBook Proのディスプレイのコーティングが剥がれたので修理に出した

投稿日:

あれ?

MacBookProのディスプレイが汚れている。

え?拭いても取れないぞ。

まさか、コーティング剥がれってやつ?

僕が所有している13インチMacBook Pro Early 2015のディスプレイにコーティング剥がれの症状が。

購入したモデル、時期によりますが、コーティング剥がれの症状は無償で修理が可能。MacRumorsより。 

Tsuyoshi
MacBook Proのディスプレイにコーティング剥がれの症状が出たので、修理に出してきた。どうも!Tsuyoshi(@number244_)です。

Retinaディスプレイのコーティング剥がれ

MacBook Pro anti reflective wearing off

image:MacRumors

MacBook Proに搭載されているRetinaディスプレイ。

このRetinaディスプレイには反射防止コーティングが施されている。

Retinaディスプレイのお手入れの仕方が正しくないと、コーティングが剥がれてしまう可能性がある。

コーティングが剥がれる原因

2015年モデルまでは、専用のクロスが付属している。

専用クロス以外でお手入れすると、クロスの材質によってはRetinaディスプレイのコーティングを傷つけてしまう。

また、アルコールが入ったクリーナーを使用するとRetinaディスプレイのコーティングを傷つけてしまう。

正しいRetinaディスプレイのお手入れ方法

コーティングを傷つけないためには、正しくお手入れをする必要がある。

詳しくはアップルのサイトをチェック。

無償修理が可能

このコーティング剥がれの症状だが、無償で修理が可能。

[box class="green_box" title="無償修理可能な製品"]

  • 2012年から2017年10月16日までに購入したモデル
  • 購入から3年以内のモデル

[/box]

どちらかの期間が長い方で無償修理が可能。

自分の持っているMacBook Proが無償で修理可能か不明な場合は、アップルサポートに問い合わせて見てはいかが?

修理に出す方法

コーティング剥がれの症状が出ているのは13インチMacBook Pro Early 2015。

購入したのは2015年の5月頃だ。

僕の相棒「13インチMacBookPro 2015 」2年越しのレビュー

煌めくアルミニウムボディ。薄くて軽い。シンプルでスタイリッシュなデザイン。MacBookPro最高です。 僕がMacユーザーになってから2年ほど経ちます。マカーとしての経験はまだまだ浅いです。しかし、 ...

13 inch MacBook Pro Coatinging peeling repair6

ディスプレイの上の方に傷が入っている。

これがコーティング剥がれだ。

修理申し込み

13 inch MacBook Pro Coatinging peeling repair7

修理の方法だが、アップルサポートのサイトから申し込みます。

サポート画面から進んで、オペレーターから修理の説明を受けます。

修理の準備

問い合わせをした際に、オペレーターから説明していただける。

[box class="green_box" title="準備"]

  • Time Machineなどでバックアップ
  • 保護フィルムや、キーボードカバーやステッカーなどを剥がす
  • 管理者アカウントのパスワードをオペレーターに伝えていなければ予め解除しておく

[/box]

ディスプレイだけを交換予定なので、データが消えることはないが、念のためにバックアップは取っておこう。

ディスプレイを交換になるので、ディスプレイに貼っている保護フィルムは回収されてしまう。

また、フィルムが再利用できない場合は、予め新しいものを購入しておこう。

動作確認の為に、アップル側で管理者アカウントでログインする必要があるみたい。

オペレーターにパスワードを伝えるか、パスワードの解除をしておく必要がある。

自宅まで集荷に来てくれる

修理申し込みが完了すると、自宅までヤマト運輸が集荷に来てくれる。

集荷の日時は、オペレーターと調整出来るので都合のいい日時を指定しよう。

MacBook Proは何も入れずに裸の状態で渡す。

後でヤマト運輸が専用の箱に梱包してくれるから、心配しないで大丈夫。

修理に出して3日で戻ってきた

MacBook Proを修理に出して、手元に戻ってくるまでわずか3日。

修理依頼から戻るまでの流れ

2017年10月18日 Appleに修理依頼。

10月19日夕方 集荷

10月20日 Appleに到着

10月21日 修理開始

10月21日 修理完了

10月21日 Appleから発送

10月22日 自宅で受取。

発送してからたった3日で戻ってきた。

専用の箱で送られてきた

13 inch MacBook Pro Coatinging peeling repair1

こんな感じで専用の箱に入れて送られてきた。

13 inch MacBook Pro Coatinging peeling repair2

激レア!Appleロゴ入りクリアファイル

箱を開けるとAppleロゴの入ったクリアファイルが入っている。

これは嬉しい。

Appleロゴの入ったクリアファイルなんてなかなか入手できない。

13 inch MacBook Pro Coatinging peeling repair3

クリアファイルの中には、修理の報告書が入っている。

13 inch MacBook Pro Coatinging peeling repair4

ディスプレイを交換しているようだ。

気になるディスプレイは?

13 inch MacBook Pro Coatinging peeling repair5

修理から帰ってきた13インチMacBook Proのディスプレイ。

当たり前だが傷は一切なく綺麗だ。

ちゃんと修理してくれいている。

ただ、ディスプレイ以外の部分にある汚れ等はそのままだった。

ディスプレイを変えるだけでそれ以外の作業は何もしていないのだろう。

まとめ

MacBook ProのRetinaディスプレイにコーティング剥がれの症状が出ている人は、とりあえずアップルサポートに問い合わせしてみては?

無償修理の対象かどうか、確認してみよう。

ディスプレイ端の方のコーティング剥がれならあまり気にならないかもしれないが、ディスプレイの中心に近いと画面が見辛くなり作業の効率が落ちてしまうかもしれない。

早めに修理に出してキレイなディスプレイにすることをオススメする。

関連記事

-Mac
-,

Copyright© NUMBER244 , 2018 All Rights Reserved.